週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/2/28

0

    JUGEMテーマ:日経225先物

    <日経225先物月足>
    NKM.png


     月足では、直近3ヶ月間の保合いレンジ下限付近や5ヶ月・20ヶ月MAを下抜けて引けました。現状、±2σ間でのボックス相場となっていて、ボリンジャーバンドが収縮横ばい。今後、±2σをブレイクすると、ブレイクした方向へ強烈なトレンド発生の可能性が高まります。
    <日経225先物週足>
    NKW.png


     週足では、23000円付近の安値が集まる支持帯を下抜け、更に、中心線の21週MAで下げ止まらず、−2σを大きく割り込んで引けました。今後、早急に−2σを回復しない限り、バンドウォークの走るダウントレンド発生となります。
    <ダウ月足>
    DWM.png


     月足では、短期支持線の5ヶ月MAや+1σ、10ヶ月・20ヶ月MAをすべて下抜けて引けました。これで上昇トレンドは終了し、調整局面入りとなりました。今後、中心線の20ヶ月MAの下で推移すると、徐々にダウントレンド発生となります。
    <ダウ週足>
    DWW.png


     週足では、支持帯の5週MA・+1σを下放れて始まり、更に売られて中心線の20週MAやー1σ・−2σまで大きく割り込んで引けました。今後、早急に−2σを回復しない限り、バンドウォークの走るダウントレンド発生となります。
    <ナスダック月足>
    NQM.png
     月足では、前月高値や+2σを大きく上抜けた後売られて、支持帯の+1σ付近まで押し戻されて引けました。これは、高値更新後のスパイクハイとなり、トレンド転換を示唆する形。中期支持線の+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンドが継続なので、今後はこの支持線の攻防となりそうです。
    <ナスダック週足>

    NQW.png


     週足では、支持帯の5週MA〜+1σ・10週MAを下放れて始まり、中心線の20週MAも割り込んで引けました。これでこれまでの巡航速度の上昇トレンドは終了となり、一気に調整局面入りとなりました。

     

    このブログの現在のランキングは?

    下のバナーをクリック!



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    無料メルマガ

    メルマガ購読・解除
     

    シグナビ・ライブ

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    ゾーン ? 相場心理学入門
    ゾーン ? 相場心理学入門 (JUGEMレビュー »)
    マーク・ダグラス,Mark Douglas
    過度のストレスやプレッシャーに晒されるトレーダーの悩みを解決してくれる本。自らの経験から、多くのプロトレーダーもこの本を推薦しています。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM