週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/6/26

0

    JUGEMテーマ:日経225先物

    <日経225先物月足>
    NKM.png


     月足では、+1σを一旦上抜けた後売られて、これを再び割り込んで推移しています。今のところ、V字反転の上昇局面が継続中です。中期的にはボリンジャーバンドが収縮横ばいのままのボックス相場です。
    <日経225先物週足>
    NKW.png


     週足では、支持線の5週MAの攻防となり、これを若干割り込んで引けています。短期的には、同MAを下値支持線とする上昇トレンド継続。中期的には、中心線の21週MAが横ばいなので、±1σ間でのボックス相場です。
    <ダウ月足>
    DWM.png


     月足では、中心線の20ヶ月MAを一旦上抜けた後売られて、この指標の下まで押し戻されて推移中。終値で同MAを上抜けすると、±1σ間でのボックス相場へ転換です。そうならない限りは、緩やかなダウントレンドが継続です。
    <ダウ週足>
    DWW.png


     週足では、50週MA付近まで戻したところから売られて、100週MAを下抜けて、先週安値手前で引けています。中心線の20週MAは下向きのままなので、当面は±1σ間でのボックス相場が継続です。
    <ナスダック月足>
    NQM.png
     月足では、年初来高値を更新して、+2σを上抜けて推移しています。ボリンジャーバンドが拡大を始めており、今後も+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンドが継続です。
    <ナスダック週足>

    NQW.png


     週足では、直近高値を更新した後売られて、支持線の5週MA手前まで押し戻されて引けています。短期的には5週MAの上で推移する限りはV字反転の上昇局面。中期的には、+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンド発生となります。

     

    このブログの現在のランキングは?

    下のバナーをクリック!


    週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/6/19

    0

      JUGEMテーマ:日経225先物

      <日経225先物月足>
      NKM.png


       月足では、+1σを一旦上抜けた後売られてこれの下まで押し戻されて推移しています。今のところ、V字反転の上昇局面が継続中です。中期的にはボリンジャーバンドが収縮横ばいのままのボックス相場です。
      <日経225先物週足>
      NKW.png


       週足では、5週MAを割り込んだところから押し目買いで再浮上して、先週レンジ中腹で引けています。短期的には、同MAを下値支持線とする上昇トレンド継続。中期的には、中心線の21週MAが横ばいなので、±1σ間でのボックス相場です。
      <ダウ月足>
      DWM.png


       月足では、中心線の20ヶ月MAを一旦上抜けた後売られて、この指標の下まで押し戻されて推移中。終値で同MAを上抜けすると、±1σ間でのボックス相場へ転換です。そうならない限りは、緩やかなダウントレンドが継続です。
      <ダウ週足>
      DWW.png


       週足では、一旦5週MAを割り込んで、支持線の10週・20週MAまで押し目をつけたところから買われて、5週MAを回復して引けています。中心線の20週MAは下向きのままなので、当面は±1σ間でのボックス相場が継続です。
      <ナスダック月足>
      NQM.png
       月足では、年初来高値を更新して、+2σを上抜けて推移しています。ボリンジャーバンドが拡大を始めており、今後も+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンドが継続です。
      <ナスダック週足>

      NQW.png


       週足では、支持線の5週MAを下放れて始まったものの、押し目買いで同MAを上抜けて、先週高値圏へ再浮上して引けています。短期的には5週MAの上で推移する限りはV字反転の上昇局面。中期的には、+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンド発生となります。

       

      このブログの現在のランキングは?

      下のバナーをクリック!


      週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/6/12

      0

        JUGEMテーマ:日経225先物

        <日経225先物月足>
        NKM.png


         月足では、+1σを一旦上抜けた後売られてこれの下まで押し戻されて推移しています。今のところ、V字反転の上昇局面が継続中です。中期的にはボリンジャーバンドが収縮横ばいのままのボックス相場です。
        <日経225先物週足>
        NKW.png


         週足では、+1σを上放れて始まったものの、売られてこれを割り込んで引けました。今のところ、中心線の21週MAが横ばいなので、±1σ間でのボックス相場です。
        <ダウ月足>
        DWM.png


         月足では、中心線の20ヶ月MAを一旦上抜けた後売られて、この指標の下まで押し戻されて推移中。終値で同MAを上抜けすると、±1σ間でのボックス相場へ転換です。そうならない限りは、緩やかなダウントレンドが継続です。
        <ダウ週足>
        DWW.png


         週足では、先週の高値を更新して+1σに到達した後売られて、支持線の5週MA手前まで押し戻されて引けています。中心線の20週MAは下向きのままなので、当面は±1σ間でのボックス相場が継続です。
        <ナスダック月足>
        NQM.png
         月足では、年初来高値を更新した後売られて、+2σを下抜けて推移しています。ボリンジャーバンドが拡大を始めており、今後も+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンドが継続です。
        <ナスダック週足>

        NQW.png


         週足では、先週の高値を更新後に売られて、先週上抜けた+1σ付近まで押し戻されて引けています。短期的には5週MAの上で推移する限りはV字反転の上昇局面。中期的には、ボリンジャーバンドが横ばいの保合い局面が継続です。

         

        このブログの現在のランキングは?

        下のバナーをクリック!


        週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/6/5

        0
          <日経225先物月足>
          NKM.png


           月足では、ここ2か月間の上昇トレンドが継続して、+1σを上抜けて推移しています。V字反転上昇局面が継続中です。中期的にはボリンジャーバンドが収縮横ばいのままのボックス相場です。
          <日経225先物週足>
          NKW.png


           週足では、先週高値を更新して買いが加速し、+1σをわずかながらブレイクして引けました。今のところ、中心線の21週MAが横ばいなので、±1σ間でのボックス相場です。
          <ダウ月足>
          DWM.png


           月足では、直近2か月間の買い優勢の流れが継続し、中心線の20ヶ月MAを上抜けて、+1σに肉薄して推移中。終値で同MAを上抜けすると、±1σ間でのボックス相場へ転換です。
          <ダウ週足>
          DWW.png


           週足では、先週の保合いレンジブレイクの流れが継続し、50週・100週MAをブレイクして引けています。中心線の20週MAは下向きのままなので、当面は±1σ間でのボックス相場が継続です。
          <ナスダック月足>
          NQM.png
           月足では、直近2か月間の買い優勢の流れが継続し、+2σに沿って上昇中。ボリンジャーバンドが拡大を始めており、今後も+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンドが継続です。
          <ナスダック週足>

          NQW.png


           週足では、先週の抵抗線の+1σを明確にブレイクして引けています。短期的にはV字反転の上昇局面。中期的には、ボリンジャーバンドが横ばいの保合い局面が継続です。

           

          このブログの現在のランキングは?

          下のバナーをクリック!


          週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/5/29

          0

            JUGEMテーマ:日経225先物

            <日経225先物月足>
            NKM.png


             月足では、一旦、−2σ付近まで押し目を付けた後買われて、−1σや21ヶ月MAも上抜けて引けました。結局、バンドブレイクには至らず、ボックス相場継続となりました。
            <日経225先物週足>
            NKW.png


             週足では、5週MAを支持線に買われて、21週MAを大きく上抜けて引けました。これで、ダウントレンドは終了して、±1σ間でのボックス相場へ転換です。
            <ダウ月足>
            DWM.png


             月足では、−2σ手前まで押し目を付けた後買われて、−1σを回復して引けました。これで、バンドブレイクからのバンドウォーク発生は否定され、20ヶ月MAに向けての調整の上昇局面入り。今後も20ヶ月MAの下で推移する限り、緩やかなダウントレンドが継続。これを上抜けると、±1σ間でのボックス相場へ転換です。
            <ダウ週足>
            DWW.png


             週足では、直近6週間の保合いレンジを上抜けて、20週MAもブレイクして引けています。これで、ダウントレンドは終了して、±1σ間でのボックス相場へ転換です。
            <ナスダック月足>
            NQM.png
             月足では、一旦、+1σを割り込んだ後、10ヶ月MAを支持線に買われて、+2σ付近で引けています。ボリンジャーバンドが拡大を始めており、+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンド発生です。
            <ナスダック週足>

            NQW.png


             週足では、+1σ付近で寄り付き、一旦は先週安値付近まで押し目を付けたところから買われて、タクリ足の同時線で引けています。短期的にはV字反転の上昇局面。日柄的な重要な節目に到達していたので、価格的な節目の+1σ到達でいったん利益確定売りが先行した格好。中期的には、ボリンジャーバンドが横ばいの保合い局面が継続です。

             

            このブログの現在のランキングは?

            下のバナーをクリック!


            週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/5/22

            0

              JUGEMテーマ:日経225先物

              <日経225先物月足>
              NKM.png


               月足では、一旦、−2σ付近まで押し目を付けた後買われて、−1σも上抜けて推移中です。ボリンジャーバンドが拡大開始の兆しがあるので、今後も−1σの下で引けると、巡航速度のダウントレンド発生となります。
              <日経225先物週足>
              NKW.png


               週足では、5週MAを支持線に買われて、先週高値を更新して引けています。今後、−1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。一方、日柄的には直近安値を付けてから10週目の節目に到達。価格的な節目の20週MAに到達すると、一気に、利益確定売りや新規売りなどが出てくる可能性が高い局面です。
              <ダウ月足>
              DWM.png


               月足では、−2σ手前まで押し目を付けた後買われて、−1σを回復して推移しています。今後、−1σの下で推移する限り、巡航速度のダウントレンドが継続。これを回復すると、21月MAに向けての戻り局面入りです。
              <ダウ週足>
              DWW.png


               週足では、5週MAを支持線に買われて、高安値を切り上げて引けています。今後、−1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
              <ナスダック月足>
              NQM.png
               月足では、一旦、+1σを割り込んだ後、10ヶ月MAを支持線に買われて、+2σ手前で推移しています。ボリンジャーバンドが拡大を始めており、+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンド発生です。
              <ナスダック週足>

              NQW.png


               週足では、先週高値圏から買われて、高安値を切り上げる小陽線で引けています。短期的にはV字反転の上昇局面。中期的には、ボリンジャーバンドが横ばいの保合い局面が継続です。一方、日柄的には重要な節目に到達しており、価格的な節目の+1σ到達でいったん利益確定売りが先行する可能性が高い局面です。

               

              このブログの現在のランキングは?

              下のバナーをクリック!


              週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/5/8

              0

                JUGEMテーマ:日経225先物

                <日経225先物月足>
                NKM.png


                 月足では、一旦、−2σ付近まで押し目を付けた後買われて、−1σ手前まで戻して推移中です。ボリンジャーバンドが拡大開始の兆しがあるので、今後も−1σの下で推移すると、巡航速度のダウントレンド発生となります。
                <日経225先物週足>
                NKW.png


                 週足では、5週MAを支持線に買われて、先週高値手前まで再浮上して引けています。今後、−1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
                <ダウ月足>
                DWM.png


                 月足では、50ヶ月MAまで押し目を付けた後買われて、−1σ付近まで戻して推移しています。今後、−1σの下で推移する限り、巡航速度のダウントレンドが継続。これを回復すると、21月MAに向けての戻り局面入りです。
                <ダウ週足>
                DWW.png


                 週足では、下窓を開けて始まり、押し目買いで先週レンジ中腹まで再浮上して引けています。今後、−1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
                <ナスダック月足>
                NQM.png
                 月足では、一旦、+1σを割り込んだ後、10ヶ月MAを支持線に買われて、前月高値を上抜けて引けています。ボリンジャーバンドが拡大を始めており、+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンド発生です。
                <ナスダック週足>

                NQW.png


                 週足では、5週MAを支持線に買われて、20週MAをブレイクして先週高値も更新する包み足で引けています。短期的にはV字反転の上昇局面。中期的には、ボリンジャーバンドが横ばいの保合い局面が継続です。

                 

                このブログの現在のランキングは?

                下のバナーをクリック!


                週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/5/1

                0

                  JUGEMテーマ:日経225先物

                  <日経225先物月足>
                  NKM.png


                   月足では、4月は一旦、−1σ手前まで戻してハラミ足の陽線で引けました。ボリンジャーバンドが拡大を始めており、今後も−1σの下で推移すると、巡航速度のダウントレンド発生となります。
                  <日経225先物週足>
                  NKW.png


                   週足では、直近高値を上抜けた後、戻り売りで先週レンジ中腹まで押し戻されて引けています。今後、−1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
                  <ダウ月足>
                  DWM.png


                   月足では、前月レンジ中腹の−1σ付近まで戻して引けています。今後、−1σの下で推移する限り、巡航速度のダウントレンドが継続。これを回復すると、21月MAに向けての戻り局面入りです。
                  <ダウ週足>
                  DWW.png


                   週足では、直近高値を上抜けた後、戻り売りで先週レンジ中腹まで押し戻されて引けています。今後、−1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
                  <ナスダック月足>
                  NQM.png
                   月足では、前月割り込んだ20ヶ月MAや+1σを回復して、前月レンジ高値圏まで戻して引けています。今後、±2σのいずれかをブレイクしてボリンジャーバンドが拡大を始めない限り、両指標間でのボックス相場が継続です。
                  <ナスダック週足>

                  NQW.png


                   週足では、ここ2週間の抵抗線の20週MAをいったん上抜けたものの、戻り売りで同MA下まで押し戻されて引けました。ボリンジャーバンドは横ばいとなっており、方向感のない保合い局面が継続です。

                   

                  このブログの現在のランキングは?

                  下のバナーをクリック!


                  週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/4/24

                  0

                    JUGEMテーマ:日経225先物

                    <日経225先物月足>
                    NKM.png


                     月足では、一旦、−2σを下抜けた後買い戻されて、これを回復して前月レンジ中腹で推移しています。終値で−2σをブレイクすると、走るダウントレンドが継続。また、前月の長い下ひげを割り込むと、大きく下げる前兆にもなります。
                    <日経225先物週足>


                     週足では、先週、上抜けたー1σが支持線として機能し、引き続きこの上で下影陰線で引けました。今後、−1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
                    <ダウ月足>
                    DWM.png


                     月足では、前月レンジ中腹の−1σ手前まで戻して推移しています。前月はー2σをブレイクして引けており、今後も同指標の下で推移する限り、走るダウントレンド継続。中期的には−1σの下で推移する限り、巡航速度のダウントレンド継続。これを回復すると、21月MAに向けての戻り局面入りです。
                    <ダウ週足>
                    DWW.png


                     週足では、引き続き+1σが支持線となり、この上で下影陰線で引けました。10日MAが新たに抵抗線となっています。今後、再び−1σを下抜けない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
                    <ナスダック月足>
                    NQM.png
                     月足では、前月割り込んだ20ヶ月MAや+1σを回復して、前月レンジ高値圏まで戻して推移しています。±2σのいずれかをブレイクしない限り、両指標間でのボックス相場が継続です。
                    <ナスダック週足>

                    NQW.png


                     週足では、先週の抵抗線の20週MAに引き続き上値を抑えられて、ほぼ先週レンジに孕む下影陽線で引けました。再び−1σを下抜けない限り、21週MAに向けての戻り局面入りです。

                     

                    このブログの現在のランキングは?

                    下のバナーをクリック!


                    週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/4/17

                    0

                      JUGEMテーマ:日経225先物

                      <日経225先物月足>
                      NKM.png


                       月足では、一旦、−3σを下抜けた後買い戻されて、−2σも回復して前月レンジ中腹で推移しています。終値で−2σをブレイクすると、走るダウントレンドが継続。また、前月の長い下ひげを割り込むと、大きく下げる前兆にもなります。
                      <日経225先物週足>
                      NKW.png


                       週足では、抵抗線のー1σをわずかながら上にブレイクして引けました。今後、−1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
                      <ダウ月足>
                      DWM.png


                       月足では、前月レンジ中腹の−1σ手前まで戻して推移しています。前月はー2σをブレイクして引けており、今後も同指標の下で推移する限り、走るダウントレンド継続。中期的には−1σの下で推移する限り、巡航速度のダウントレンド継続。これを回復すると、21月MAに向けての戻り局面入りです。
                      <ダウ週足>
                      DWW.png


                       週足では、先週上抜けた+1σが支持線となり買われて、高安値を切り上げる陽線で引けました。中期的には、再び−1σを下抜けない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
                      <ナスダック月足>
                      NQM.png
                       月足では、前月割り込んだ20ヶ月MAや+1σを回復して、前月レンジ高値圏まで戻して推移しています。±2σのいずれかをブレイクしない限り、両指標間でのボックス相場が継続です。
                      <ナスダック週足>

                      NQW.png


                       週足では、V字反転上昇の流れが継続し、20週MA手前まで上昇して引けました。中期的には、再び−1σを下抜けない限り、21週MAに向けての戻り局面入りです。

                       

                      このブログの現在のランキングは?

                      下のバナーをクリック!



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      無料メルマガ

                      メルマガ購読・解除
                       

                      シグナビ・ライブ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      ゾーン ? 相場心理学入門
                      ゾーン ? 相場心理学入門 (JUGEMレビュー »)
                      マーク・ダグラス,Mark Douglas
                      過度のストレスやプレッシャーに晒されるトレーダーの悩みを解決してくれる本。自らの経験から、多くのプロトレーダーもこの本を推薦しています。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM