categories

無料メルマガ

お名前
メールアドレス

archives

日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/8/26

0

    JUGEMテーマ:日経225先物

     

     

    <前日の日経225先物>



     小幅反落。5日・25日MAを挟んで狭いレンジで上下する保合いとなり、直近5日間の保合いレンジ内で引けています。依然、25日MAが抵抗線となっています。ボリンジャーバンドは収縮しており、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、−1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな下降トレンド継続です。

     

    <前日のナスダック>

     

     

     続落。20日MAを割り込んで寄り付き、一旦はこれを上抜けて戻りを試したものの、5日MA付近から再び売られて、結局、20日MAをわずかながら割り込んで引けました。依然として、直近14日間の高値圏での保合いが継続です。今後、+2σを上抜ければ、強い上昇トレンドが発生する可能性があります。逆に、サポートの20日MAを明確に下抜けると、6月から続いていた上昇トレンドが終了⇒ダウントレンドへ転換となる可能性が高まります。
    <前日のダウ>

     続落。前日下抜けた20日MAが抵抗線となり、保合いレンジ下限を割り込んで引けています。ボリンジャーバンドが収縮したままのボックス相場継続です。今後、±2σのいずれかをブレイクすると相場の放れとなり、その方向へ大きく動き出す可能性が高い形。

     

     


    よろしければクリックをお願いします。

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
    にほんブログ村


    日経225先物 セミナー実績 2016/8/25

    0

      JUGEMテーマ:日経225先物

      ◆今日の日足チャート分析

       


       小幅反落。5日・25日MAを挟んで狭いレンジで上下する保合いとなり、直近5日間の保合いレンジ内で引けています。依然、25日MAが抵抗線となっています。ボリンジャーバンドは収縮しており、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、−1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな下降トレンド継続です。

       

      ◆今日の日経225先物のマーケット

       40円のギャップアップで前日レンジ内の16580円で寄り付きました。寄り付き直後は売り優勢で推移し、最初の30分間で16510円まで反落。ここから買い優勢となり、ランチタイム中に16650円まで上昇して、今日の高値を付けました。後場は、前場レンジ内での保合いとなりました。終値は16520円でした。

      ◆今日のトレナビ225でのアクティブトレードの成績

       後場、16580円で押し目買い。1勝で16,500円のプラスでした。

      8月累計: +1、115,000円、48勝14敗4分

      ◆今日のトレーディングツール「シグナビ」の成績

       前場、16525円で戻り売り。16525円で追撃買い。16595円で順張り買い。後場、16605円で追撃売り。16555円で押し目買い。5勝1敗で72、000円のプラスでした。

      8月累計: 
      +900,000円、51勝21敗4分

       

       

      このブログの現在のランキングは?

      下のバナーをクリック!

      にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


      日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/8/25

      0

        JUGEMテーマ:日経225先物

         

         

        <前日の日経225先物>



         小幅上昇。5日・25日MAを挟んで狭いレンジで上下する保合いとなり、孕み足の小陰線で引けました。依然、25日MAが抵抗線となっています。ボリンジャーバンドは収縮しており、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、−1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな下降トレンド継続です。

         

        <前日のナスダック>

         

         

         反落。下窓形成から売られてサポートの+1σ〜10日MAを下抜けて、20日MA付近まで下落して引けました。依然として、直近13日間の高値圏での保合いが継続です。今後、+2σを上抜ければ、強い上昇トレンドが発生する可能性があります。逆に、サポートの20日MAを下抜けると、6月から続いていた上昇トレンドが終了⇒ダウントレンドへ転換となる可能性が高まります。
        <前日のダウ>

         反落。保合いレンジ下限付近まで下げて、これまでのサポートの20日MAを割り込んで引けています。ボリンジャーバンドが収縮したままのボックス相場継続です。今後、±2σのいずれかをブレイクすると相場の放れとなり、その方向へ大きく動き出す可能性が高い形。

         

         


        よろしければクリックをお願いします。

        にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
        にほんブログ村


        日経225先物 セミナー実績 2016/8/24

        0

          JUGEMテーマ:日経225先物

          ◆今日の日足チャート分析

           


           小幅上昇。5日・25日MAを挟んで狭いレンジで上下する保合いとなり、孕み足の小陰線で引けました。依然、25日MAが抵抗線となっています。ボリンジャーバンドは収縮しており、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、−1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな下降トレンド継続です。

           

          ◆今日の日経225先物のマーケット

           60円のギャップアップで前日レンジ内の16570円で寄り付きました。始値付近の25日MAをサポートに寄り付き直後から買い優勢となり、前日高値手前の16630円まで上昇。その後、戻り売りなどに押される形で25日MAを下抜けて16520円まで反落。後場は前場レンジ内での保合いとなりました。終値は16570円でした。

          ◆今日のトレナビ225でのアクティブトレードの成績

           寄り付きの買い。16565円と16535円で押し目買い。2勝1分で27,500円のプラスでした。

          8月累計: +1、098,500円、47勝14敗4分

          ◆今日のトレーディングツール「シグナビ」の成績

           寄り付きの買い。16575円で押し目買い。1勝1敗で500円のプラスでした。

          8月累計: 
          +828,000円、47勝20敗4分

           

           

          このブログの現在のランキングは?

          下のバナーをクリック!

          にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


          日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/8/24

          0

            JUGEMテーマ:日経225先物

             

             

            <前日の日経225先物>



             反落。5日・25日MAの抵抗帯を一旦は上抜けするも、かつての保合いレンジ内では戻り売り優勢となり、両MA下まで押し戻されて引けています。ボリンジャーバンドは収縮しており、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、−1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな下降トレンド継続です。

             

            <前日のナスダック>

             

             

             続伸。上窓形成から直近高値を更新した後は、利食い売りに押し戻されて引けました。終値で高値をブレイクできていないので、直近12日間の高値圏での保合いが継続です。今後、+2σを上抜ければ、強い上昇トレンドが発生する可能性があります。逆に、サポートの+1σ〜10日MAを下抜けると、6月から続いていた上昇トレンドが終了となる可能性が高まります。
            <前日のダウ>

             小幅上昇。+1σを一旦は上抜けたものの、高値圏では買いが続かず、押し戻されて引けています。ボリンジャーバンドが収縮したままのボックス相場継続です。今後、±2σのいずれかをブレイクすると相場の放れとなり、その方向へ大きく動き出す可能性が高い形。

             

             


            よろしければクリックをお願いします。

            にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
            にほんブログ村


            日経225先物 セミナー実績 2016/8/23

            0

              JUGEMテーマ:日経225先物

              ◆今日の日足チャート分析

               


               反落。5日・25日MAの抵抗帯を一旦は上抜けするも、かつての保合いレンジ内では戻り売り優勢となり、両MA下まで押し戻されて引けています。ボリンジャーバンドは収縮しており、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、−1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな下降トレンド継続です。

               

              ◆今日の日経225先物のマーケット

               30円のギャップダウンで前日レンジ内の16540円で寄り付きました。前場は16570円付近の25日MAなどが抵抗帯となって、この下での保合いとなりました。後場は、この抵抗帯をブレイクして、16650円まで上昇。ここから戻り売りが優勢となり、一気に16430円まで急落となりました。終値は16510円でした。

              ◆今日のトレナビ225でのアクティブトレードの成績

               前場、16495円で押し目買い。16555円〜16645円で戻り売りを3回。後場、急落場面で16605円〜16435円で押し目買いを9回。6勝7敗で162,500円のプラスでした。

              8月累計: +1、071,000円、45勝14敗3分

              ◆今日のトレーディングツール「シグナビ」の成績

               前場、16495円で押し目買い。後場、急落場面で16605円〜16445円で押し目買いを5回。16475円で戻り売り。5勝3敗で75,000円のプラスでした。

              8月累計: 
              +827,500円、46勝19敗4分

               

               

              このブログの現在のランキングは?

              下のバナーをクリック!

              にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


              日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/8/23

              0

                JUGEMテーマ:日経225先物

                 

                 

                <前日の日経225先物>



                 小幅続伸。出来高激減で25日MA付近で小動きのまま引けています。ボリンジャーバンドは急速に収縮しており、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、−1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな下降トレンド継続です。

                 

                <前日のナスダック>

                 

                 

                 小幅上昇。+1σや5日MAをわずかながら上抜けて引けました。、直近11日間の高値圏での保合いが継続です。今後、+2σを上抜ければ、強い上昇トレンドが発生する可能性があります。逆に、サポートの+1σ〜10日MAを下抜けると、6月から続いていた上昇トレンドが終了となる可能性が高まります。
                <前日のダウ>

                 反落。+1σと20日MAの間を上下して、中間地点でドウジ線で引けています。ボリンジャーバンドが収縮したままのボックス相場継続です。今後、±2σのいずれかをブレイクすると相場の放れとなり、その方向へ大きく動き出す可能性が高い形。

                 

                 


                よろしければクリックをお願いします。

                にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
                にほんブログ村


                日経225先物 セミナー実績 2016/8/22

                0

                  JUGEMテーマ:日経225先物

                  ◆今日の日足チャート分析

                   


                   小幅続伸。出来高激減で25日MA付近で小動きのまま引けています。ボリンジャーバンドは急速に収縮しており、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、−1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな下降トレンド継続です。

                   

                  ◆今日の日経225先物のマーケット

                   30円のギャップアップで前日レンジ内の16550円で寄り付きました。寄り付き直後に16610円まで上昇し、その後、16520円まで下落。その後は16570円〜15780円付近の5日・25日MAの抵抗帯付近で小動きとなりました。終値は16570円でした。

                  ◆今日のトレナビ225でのアクティブトレードの成績

                   16595円で戻り売り。1勝で33,000円のプラスでした。

                  8月累計: +908,500円、39勝7敗3分

                  ◆今日のトレーディングツール「シグナビ」の成績

                   16605円で戻り売り。16655円で追撃売り。2勝で52,000円のプラスでした。

                  8月累計: 
                  +752,500円、41勝16敗4分

                   

                   

                  このブログの現在のランキングは?

                  下のバナーをクリック!

                  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


                  日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/8/22

                  0

                    JUGEMテーマ:日経225先物

                     

                     

                    <前日の日経225先物>



                     小幅反発。前日下放れたこれまでの保合いレンジ下限や25日MAが抵抗帯となり、売られて前日安値を更新。ボリンジャーバンドは急速に収縮しており、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、−1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな下降トレンド継続です。

                     

                    <前日のナスダック>

                     

                     

                     小幅反落。前日と同様、サポート帯の中でギャップダウンして始まり、ザラ場では上昇したものの、上にブレイクは出来ていません。結果的に、高値圏での保合いが継続です。今後、+2σを上抜ければ、強い上昇トレンドが発生する可能性があります。逆に、サポートの+1σ〜10日MAを下抜けると、6月から続いていた上昇トレンドが終了となる可能性が高まります。
                    <前日のダウ>

                     反落。+1σから20日MAまで下落した後、押し目買いで再浮上。ここ2日間のレンジ内での動きとなり、ボリンジャーバンドが収縮したままのボックス相場継続です。今後、±2σのいずれかをブレイクすると相場の放れとなり、その方向へ大きく動き出す可能性が高い形。

                     

                     


                    よろしければクリックをお願いします。

                    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
                    にほんブログ村


                    週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/8/19

                    0

                      JUGEMテーマ:日経225先物

                      <日経225先物月足>




                       月足では、前月レンジに孕んだ位置で、−1σの攻防となっています。ボリンジャーバンドが収縮横ばいのボックス相場が継続。今後、−2σを割り込んで引けると、相場の放れから大きく下落する可能性が大です。また、長期的には−1σの下方で推移している限りはダウントレンドが継続です。
                      <日経225先物週足>



                       週足では、+1σをブレイクできず、逆に売られて先週の上昇幅をほぼ打ち消す陰線で引けました。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのままなので、ボックス相場が継続中と判断できます。また、中心線と+1σの間で推移する限り、緩やかな上昇トレンドが継続です。

                      <ナスダック月足>


                       月足では、前月上抜けた+1σをサポートに買われて年初来高値を更新。+1σと+2σの間で推移しています。ボリンジャーバンドが横ばい収縮しているので、今後+2σを終値でブレイクするようなら、強い上昇トレンドが発生して、相場が大きく動く可能性が高まります。
                      <ナスダック週足>

                       週足では、高安値を切り上げて8週続伸となったものの、6週間ぶりに+2σを割り込んでドウジ線で引けています。相場の放れからバンドウォーク発生中ですが、日柄的な節目に到達しており、当面の高値をつけるか既につけた可能性が高まります。中期的には+1σの上で推移する限り、上昇トレンドが継続です。

                       

                      <ダウ月足>

                       

                       

                       月足では、前月上抜けた+1σをサポートに買われて、前月高値をわずかながら更新し、+1σと+2σの間で推移しています。ボリンジャーバンドが横ばい収縮しているので、今後+2σを終値でブレイクするようなら、強い上昇トレンドが発生して、相場が大きく動く可能性が高まります。

                       

                      <ダウ週足>
                       週足では、年初来高値をわずかに更新した後は買いが続かず、利食い売り優勢となって小陰線で引けています。ボリンジャーバンドが拡大へ移って相場の放れとなるのか、あるいはボックス相場の下降局面へ入るのかの分岐点です。中期的には、+1σを割り込まないで推移する限りは上昇トレンドが継続と判断できます。

                       

                      ブログ・ランキング参加中

                      応援クリックよろしくおねがいします!

                      にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


                      | 1/488PAGES | >>